足が臭い原因は何かというと、足が蒸れて、雑菌が繁殖しているからなんです。 家にいる時は、靴はもちろん、靴下も履かない人もいますよね? そういう時は、足は臭くないと思います。 しかし、外出する時には、当然ですが、靴を履きますし、靴下やパンストなどを履くものです。 靴下やパンスト、靴を履くことで、足は蒸れてしまいます。 そして、雑菌は湿度が高い場所を好むため、足が蒸れていると、雑菌が繁殖してしまうのです。 これが足が臭くなる原因です。 足には汗腺がたくさんあり、個人差はありますが、1日でコップ1杯分くらいの汗をかきます。 これだけ汗をかいてしまうと、どうしても靴の中、靴下の中で蒸れてしまいます。 足の臭いが気になるのであれば、通気性のよい靴下やパンスト、または、5本指の靴下を履くようにしましょう。 足が蒸れて雑菌が繁殖してしまうと、足が臭くなるだけでなく、水虫になってしまうこともあります。 水虫になると、かなり大変ですので、足ができるだけ蒸れないように気をつけてください。